What We Do

01

学校授業

02

FLASH MOB

03

余興

ダンス指導

04

イベント出演

01 学校授業/体育授業

01 学校授業/体育授業

文部科学省では平成23年度より小学校へ、平成24年度より中学校へ体育の授業でダンスを必修化としました。

しかし現状では、ダンスを専門的に教えられる教員は多くありません。

そこで、プロのダンス講師と力を合わせ子ども達にダンスを教える事により、体育(ダンス)の時間がより楽しくなります。

 

ダンスは、「創作ダンス」、「フォークダンス」、「現代的なリズムのダンス」で構成され、イメージをとらえた表現や踊りを通した交流を通して仲間とのコミュニケーションを豊かにすることを重視する運動で、仲間とともに感じを込めて踊ったり、イメージをとらえて自己を表現したりすることに楽しさや喜びを味わうことのできる運動です。”

 

「表現」という言葉が2回出てきます。

文部科学省はダンスを通して、表現力やコミュニケーション能力を身につけることを目指していると考えられます。

 

そして注目したいのが「仲間とのコミュニケーションを豊かにすることを重視する運動」というところです。

ダンスは体育科の授業となりますが、他の種目と異なる点があります。

個人種目ではタイムや距離を競うものが多く、団体競技では相手チームと点数を競うものが多いですが、ダンスはそのどちらにも当てはまりません。レベルが上がればダンスバトルなどもありますが、体育の授業で行うダンスに、明確な勝ち負けはありません。

そもそもダンサーを育てるために必修科目にしたわけではなく、ダンスを通して、自己表現をしたり、仲間とコミュニケーションをとったりすることが狙いだと考えられますので、上手い下手は関係がありません。

それよりも大切なのは、ダンスが好きかどうかということです。

そもそもダンスは楽しむものです。

音楽に身を委ね、心を解放するものです。

ダンスを通して強くたくましくあきらめない心、チャレンジ精神、個性を大切にする心を育てて行きたいと思っております。

​運動会・文化祭などでのダンス演目、曲編、振付、構成などお気軽にお問い合わせください。

​詳しくはお問い合わせください。

02 FLASH MOB

フラッシュモブを直訳すると、『一瞬の群集』という意味なんです。

何かの目的のために集まった人々が、突然流れ始めた音楽に合わせて、踊りだしたり、歌いだしたり、楽器を演奏しだし、その人数は徐々に増えていくが、目的を達成すると去っていくというものです。

最近では、結婚式やプロポーズ、誕生日のサプライズ演出のひとつとして《フラッシュモブ》はメディアでも話題になっており、【ターゲット】に自分の気持ちを見える形で伝えるひとつの方法となってきています。

《フラッシュモブ》は、会場のスタッフに扮したダンサーが突然踊りだし、徐々に人数が増えていったかと思うと、友人や会社の同僚、家族までもが踊りだし、最後に【仕掛け人】が踊りだすという演出が一般的です。

​まずはお気軽にお問い合わせください。

03 余興・ダンス指導

友人の結婚式・会社の忘年会での余響のダンス指導です。

構成や隊列移動も含めて創りあげていくお手伝いをさせていただきます。

04 イベント出演依頼

会社の企業イベント、施設等での発表、どこにでも踊りに伺います。

まずはお気軽にお問い合わせください。

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now